スタッフブログ|大阪相続相談プラザ

2018/09/20

自筆証書遺言の方式緩和

以前のブログで審議中と紹介した、民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律が、平成30年7月6日に成立しました。

改正点が多いのですが、今回は、施行日(平成31年1月13日)が1番早い「自筆証書遺言の方式緩和」について、ご説明いたします。その他の改正法の施行日は未定です。

 

(要点)

 今まで、自筆証書遺言としての要件として、全文を自署しなければならないとなっていましたが、今回の改正で、自筆証書遺言に添付する財産目録(不動産や預貯金の表示)については自署でなくてもよいものとなりました。

 ただし、財産目録の各頁に署名押印することが必要です。

  法務局の資料が分かりやすかったので、リンクをはります。

 http://www.moj.go.jp/content/001263487.pdf

 

 法務局で「この遺言書では登記できない」と言われた事例のようなことが無くなるといいと思います。

 しかし、その他の自筆証書遺言の要件は残りますので、内容も含めて専門家に見てもらった方がよいと思います。

 当事務所でも、自筆証書遺言のチェックをしておりますので、お気軽にご相談下さい。

 

2018/09/03

成年後見業務をして思うこと

私は現在9名の後見人等に就任しています。

基本的には、毎月訪問面会するようにし、本人と色々な会話をします。

昔話や色々な人生経験を聞くのも楽しく、そして勉強になることも多いです。

ただ、訪問して思うのは、多くの人が『時間を持て余している』ということです。

「今は、生きがいを見つけられない」「お迎えを待っているだけなの」などと言われます。

そう聞くと、とても残念に思います。

 私達の事務所も協力して、何とかいい方向に進めないかと考えています。

例えばですが、ご本人の今までのお仕事の経験や趣味、得意分野を活かして、

誰かの役に立つ社会貢献的なお仕事・ボランティア(作業やお手伝いをしたり、誰かにアドバイスする等)をすることによって「生きがい」を見つけてもらえたら嬉しいです。

皆が楽しくなるようなことをご提案できるように頑張っていきます。

 

1