スタッフブログ|大阪相続相談プラザ

2018/11/27

金融機関の相続手続き

大阪相続相談プラザでは、銀行など金融機関の相続手続きの代行もさせていただいています。
ご依頼内容によっては、金融機関の手続きが数社にわたる場合があります。
その際、今までは一社ずつ被相続人、相続人の戸籍謄本等をたくさん提出していましたが、
「法定相続情報証明」を法務局で交付してもらうことで、それ一枚を提出すれば済み、とても便利になりました。

ただ、あとは書類の記入です。

金融機関といってもたくさんありますので、
(大手銀 都市銀、地銀、信用金庫、信用組合、証券会社など)
相続手続きの書類の様式は統一されておらず、各社バラバラなのです。
必要書類も異なります。

各社に行って、別々の用紙に記載して、説明を聞いて・・・
お時間がある方は別ですが、
まだまだ、煩雑で時間がかかり、ストレスを感じる作業なのです。

煩わしい手続きは丸ごと、私たちにお任せ下さい。
もちろんご自身でされるより、早く完了します。
あなたの大切な時間を有効にお使いください。

2018/11/19

境界標識の亡失

 高いお金を払って測量し設置した境界標識が無くなってしまう。こんなことが実際には良く起こっています。

大体は建物の外溝工事(ブロック塀を積んだり駐車スペースをコンクリートで固めたり等)が代表的です。
ですので、ご自身の土地やお隣さんの工事が入ることを知ったら、工事の責任者に対して杭などの境界標識の保存に十分気をつけてもらうように依頼をしましょう。

当事務所で測量した現場では測量データを残しているので概ね境界標の復元は可能ですが、それでも費用(材料費、日当等)が必要となりますので、できる限り既存の境界標識の保存に努めましょう。

どうしても、工事のため境界標識を一旦抜かないと工事できない場合はトラブルを防ぐため事前に

土地家屋調査士に依頼することをお勧めします。

事前に境界確定測量がなされていない場合は復元ではなく、改めて境界確定測量が必要となりますのでご注意下さい。

できれば事前に相談いただきたいですが、実際に境界標識が無くなってしまった場合にも気軽に当事務所ご相談ください。

1