スタッフブログ|大阪相続相談プラザ

2019/05/20

遺言公正証書の検索



被相続人が亡くなったら、色々な相続手続きをしていくことになります。

今回は「遺言公正証書の検索」についてお知らせします。

最近、遺言を残されている方も増えてきました。

自筆証書の遺言は、その存在を誰かが知らない限り、発見できないかもしれません。
(たまたま、自宅の机の引出しで発見した場合は別ですが。。。)

しかし、遺言公正証書の場合は、公証役場に原本が保管されていますので、

平成元年1月1日以降に公証役場で作られた遺言は検索することが出来るのです。

<検索の手続き>
・全国どこの公証役場でも検索をしてもらえますが、もし遺言書があった場合は
 遺言者が実際に作成した公証役場に行かないと、遺言公正証書の謄本はもらえません。

<検索の必要書類>
遺言者の除籍謄本(死亡の確認の為)、遺言者と相続人であること事が分かる戸籍謄本
※	その他の利害関係人が検索希望する場合は、公証役場に問い合わせてください。

この遺言公正証書の検索は、費用がかかりません。念のため、公証役場に遺言の検索することをお勧めします。

 

 

 

2019/05/08

令和になると

 測量部の田中秀樹です。

元号が「令和」になりました。

登記申請書の日付が「令和元年5月7日」であることを何度も確認し、昨日初申請しました。

法務省のオンラインシステムは自動的に改元されるので何の心配も無かったのですが、

自作の書類(Excel等で作成)は、修正して「令和」にしないといけない情況でした。

悪戦苦闘の末、やっとのことで修正作業も終わり、ひと安心。

(但し、請求書や領収書については他のスタッフに丸投げでしたが・・・)

さあ、明日からもがんばるぞ!

1