スタッフブログ|大阪相続相談プラザ

2018/03/04

土地家屋調査士と測量士

 土地の測量に行くと時々「測量士さん」と呼ばれます。

土地の測量をするので「測量士さん」なのでしょうが・・・

でも土地家屋調査士と測量士は違うんです。

どちらとも国家資格であり、土地家屋調査士は法務省管轄(⇒法務局に申請する表題登記・境界測量を行います。)
測量士は国土交通省管轄(⇒道路、橋、トンネル、ダム等公共建築物を作る際に必要になる測量を行います。)
なので、お互いにできることとできないことがあります。
 
まず、測量士は土地の登記申請はできません。
登記を行うことができないので、登記目的の測量をすることはできません。
土地の分筆や地積更正などのために測量することはできないのです。
反対に、土地家屋調査士は登記を目的としない測量は行えません。
土地の測量をするのは同じなのですがフィールドは全然違っています。
土地家屋調査士は、土地境界の確認や登記をするための専門家です。
登記手続(土地の分筆登記、地積更正登記、建物表題登記等)を前提とした測量は土地家屋調査士へご依頼下さい。