スタッフブログ|大阪相続相談プラザ

2018/09/20

自筆証書遺言の方式緩和

以前のブログで審議中と紹介した、民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律が、平成30年7月6日に成立しました。

改正点が多いのですが、今回は、施行日(平成31年1月13日)が1番早い「自筆証書遺言の方式緩和」について、ご説明いたします。その他の改正法の施行日は未定です。

 

(要点)

 今まで、自筆証書遺言としての要件として、全文を自署しなければならないとなっていましたが、今回の改正で、自筆証書遺言に添付する財産目録(不動産や預貯金の表示)については自署でなくてもよいものとなりました。

 ただし、財産目録の各頁に署名押印することが必要です。

  法務局の資料が分かりやすかったので、リンクをはります。

 http://www.moj.go.jp/content/001263487.pdf

 

 法務局で「この遺言書では登記できない」と言われた事例のようなことが無くなるといいと思います。

 しかし、その他の自筆証書遺言の要件は残りますので、内容も含めて専門家に見てもらった方がよいと思います。

 当事務所でも、自筆証書遺言のチェックをしておりますので、お気軽にご相談下さい。