相続人調査と財産調査|大阪相続相談プラザ

 不動産の評価は、固定資産税評価か?それとも路線価か?実売価格か?

Q.不動産の評価は、固定資産税評価か?それとも路線価か?実売価格か?

A.土地は、一物四価の商品といわれて売買取引時価(実売価格)や、公示価格、路線価、固定資産税評価格などの価格があります。

①売買取引時価は実際取引された不動産の価格のことです。
 
②公示価格は一般の土地の取引価格に対して指標を与え、公共事業用地の取得価格算定の基準となり、基準時点は1月1日で例年3月に公示されます。
 
③路線価には、「相続税路線価」と「固定資産税路線価」(固定資産税評価額を決める際の基準となる価格)との2種類があります。一般的には、路線価といえば「相続税路線価」のことを指します。
相続税路線価は、「相続税」および「贈与税」の算定基準となり土地評価額で、公示価格の8割程度が目安とされ、毎年7月に発表されます。
ただし、路線価は主要な市街地の道路にしか設定されていませんので、路線価のない土地を評価するときは、代替えとして固定資産税評価額を使いますが、固定資産税評価額は路線価より低い水準となっておりますので、「相続税」および「贈与税」の評価の際には倍率を乗じて計算します。この評価方法を倍率方式といいます。
また、家屋の「相続税」および「贈与税」の算定基準は、固定資産税評価額で算定されます。
 
④固定資産税評価額は固定資産税や登録免許税、不動産取得税などの算定する際に用いるため、市区町村(東京23区は都)の固定資産課税台帳に登載された価格です。