相続人調査と財産調査|大阪相続相談プラザ

法定相続情報証明制度とは

 

 平成29年5月29日(月)から全国の登記所(法務局)においてスタートした制度で、各種相続手続きに利用できる「法定相続情報一覧図の写し(法定相続人が誰であるかの証明書)」を取得することが出来る制度です。

 

 制度の手続の概要

 

 相続人または代理人は、登記所(法務局)に対して、以下の書類等を提出し、登記官がその内容が正しいことを証明した認証文付の「法定相続情報一覧図の写し」の交付を無料で受けることが出来ます。

  • 被相続人の出生から死亡するまでの戸籍等の書類
  • 上記書類の記載に基づいて作成した法定相続情報一覧図

 

 制度のメリット

 

 この制度によって交付された「法定相続情報一覧図の写し」は、不動産の相続登記手続きや、金融機関での預貯金の払戻し等の相続手続きに利用でき、以下のメリットがあります。

  •  複数の手続先がある場合に、「法定相続情報一覧図の写し」を複数枚取得しておくことで、相続手続きを同時に進めることができる。
  •  金融機関等の手続先で再チェックされることがなく、書類確認に時間が掛からない。
  •  発行手数料は無料である。 

 

法定相続情報証明サポート

  当事務所では、法定相続情報証明制度に関する手続きを代行いたします。

業務内容

  • 戸籍等書類の収集
  • 法定相続情報一覧図の作成
  • 法務局への申出、受領代行

報酬額  30,000円~

実費   戸籍等書類の取得費用・郵送費等