相続税・評価・調査|大阪相続相談プラザ

 相続財産の評価・調査

相続税の申告をしなければならないのか、しなくてもよいのか、あるいは、相続税の申告を行う必要がある場合には、納税額はいくらなのか…これらを確定させるためには、相続財産を細かく調査し、不動産などがある場合には評価しなければなりません。

まず、調査を行いましょう。
相続財産について亡くなった方がまとめてくれていれば良いですが、そのようなケースは少ないです。財産目録がない場合には、相続人で作っていかなければなりません。
相続財産の調査方法や財産目録の作成に関しては、
こちらで詳しくご説明しておりますので、ご覧ください。

相続財産の調査が終わったら、不動産に関してはその評価額を算出しなければなりません。
不動産の評価方法は、物によって全く異なります。
土地ひとつとっても、場所、使用目的などによって評価方法が違ってきます。
したがって、不動産の評価は専門的な知識が必要になりますので、必ず専門家に相談することをお勧めいたします。

ここでは、各項目の評価方法を詳しくご説明しておりますので、ご参考にしてください。
下記より、調べたい項目をクリックしてください。

宅地

定期借地権のある土地

家屋

小規模宅地

広大地

私道

農地・生産緑地

雑種地