遺言書の作成・相談|大阪相続相談プラザ

遺言の保管について

遺言には3つの種類がありますが、公正証書遺言以外の場合は、ご自身で保管しなければなりませんので、その保管場所にお悩みの方もいると思います。
公正証書遺言は、公証役場に原本が保管されますので、紛失の可能性はありません。
自筆証書遺言秘密証書遺言の場合には、紛失の可能性が高まるだけでなく、自宅で保管するのであれば生きている間にご親族の方に発見されてしまう可能性もあります。また、ぎゃっくに保管場所があまりにも分かりにくいと死後に見つけてもらえないことも考えられます。

では、どこに保管しておけばよいでしょうか?
一般的には、自宅の中の場合
・たんすの引き出しの中
・机の引き出しの中
・金庫の中
・仏壇
などに入れる方が多いようです。

自宅外で預ける場合には、
・金融機関の貸金庫
・後見人にあらかじめ渡しておく
・親友に保管してもらう
・遺言執行者に渡しておく
・法律家に渡しておく
という保管場所があります。
ただし、親友など知り合いに保管してもらう場合、その方が先に亡くなってしまう可能性がありますので、最善の方法とは言えません。他人に預ける場合には、死後に連絡してもらうよう手配してお区必要があります。

災害等で自宅であろうと自宅外であろうと紛失してしまう可能性はあります。
しっかり遺言を残し、実行してもらいたいのであれば、公正証書遺言で作成することをお勧めいたします。