遺産分割協議書の作成・相談|大阪相続相談プラザ

遺産分割協議書の作成

ここでは、遺産分割協議書について説明して参ります。
遺産分割協議書は、亡くなった方の財産の名義変更をするために必要です。
これを作成しなかったために、親族(相続人)間でもめてしまう場合もあります。

しっかりと確認していきましょう。

遺産分割協議に必要な書類

相続人の確定及と、遺産(相続財産のすべて)の調査ができたら、次に作成するのが、遺産分割協議書です。

遺産分割協議とは、相続開始により法定相続人の共有となった遺産を、個々の財産に分けるための協議のことをいいます。
分割協議がまとまれば、相続人全員の物であった遺産が、相続人一人ひとりの個人所有物になります。
遺産分割協議書とは、この協議の内容を記載した正式な文書のことです。

また遺産分割協議書によって、対外的には誰が何を相続したのかを主張することができます。
その反面、各相続人は遺産分割協議書に拘束され、撤回する事ができません。
万一、遺産分割協議書を書き換える場合には、相続人全員の合意が必要となります。

遺産分割協議書の作成が完了すると、各種の名義変更はスムーズに進めることが可能となります。

遺産分割協議書の書き方

遺産分割協議書には法律的に決められた書式(フォーマット)はありませんが、いくつか注意点があります。

  1. 遺産分割協議は法定相続人全員で行います。
    戸籍調査の上、間違いのないように必ず法定相続人全員で協議を行ってください。
    ※ここで必要とされるのは、全員が承諾したという事実です。全員が一堂に会して協議する必要はありません。 例えば遺産分割協議書(案)を一通作成し、他の相続人に、この内容でよければ実印を押してもらう、という方法をとることが考えられます。
  2. 法定相続人全員が署名・実印の押印します
    厳密には署名ではなく記名でもかまわないのですが、後々の紛争・トラブルを防ぐためにも署名にすることをおすすめいたします。 なお、不動産登記や銀行手続きには実印が必要になります。
  3. 相続財産となる不動産の表記は住所ではなく、登記簿どおりの表記します
    また銀行等は、支店名・口座番号まで書いてください。
  4. 割り印が必要な遺産分割協議書が数枚にわたる場合、法定相続人全員の実印で契印(割り印)をします
  5. 印鑑証明書の添付には、実印の押印と共に、印鑑証明書も添付します

以上が、遺産分割協議書を書く上での基本的なポイントとなります。