スタッフブログ|大阪相続相談プラザ

2021/06/21

境界標識の種類

測量部の田中秀樹です。

境界標識の種類についてご紹介します。

最初は金属鋲です。私道等アスファルト舗装上や側溝の中、他の境界標が設置しにくいところに使用します。

アスファルト舗装の施工替え等により亡失することが多いです。

CIMG4698.JPG

次は金属プレートです。高硬度ボンドにより設置します。設置もしやすく現在一般的な境界標ですね。

CIMG4428.JPG CIMG3730.JPGのサムネール画像

次はコンクリート杭です。大きな工事があれば移動、亡失しますが一番耐久性が高いものです。

IMG_20200520_120805.jpg(隣地地主の説明によると昭和58年頃に設置されたものだそうです。土中より発見)

IMG_20190601_141635.jpg(令和2年に当事務所が設置しました。)

次はプラスチック杭です。コンクリート杭よりは設置が簡単ですが耐久性は劣ります。

IMG_20201127_130334.jpg

 

  • 初回の無料相談会
  • サポート料金
  • 不動産に関するQ&A

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Category

Archive

事務所紹介

クリックすると拡大されます 事務所所在地の地図
事務所所在地の地図